ゴルフと年齢⑤「健康問題」※2022 4/23加筆・修正しました

ゴルフ

おはようございます。
クラッチゴルフクラブです。
今日からamebaブログから引っ越して、こちらへ投稿していきます。

投稿日は、

火曜日、木曜日、土曜日

また、臨時で他の曜日に投稿するかもしれません。

では、今日の公式LINEで前半部分を配信したので内容は以下です。

★今日のゴルフレベルアップ★2022 4/23追加
ゴルフと年齢⑤健康問題
全5回と少し長くなりましたが、今回の「健康問題」が最後のテーマとなります。
よろしくお願いします。

健康と言っても幅が広すぎるので、主テーマが「ゴルフと年齢」から3つに絞って考えてみたいと思います。
・柔軟性
・目の問題
・関節の問題

まずは柔軟性ですが、普段からのケアである程度は維持出来ると言われているので、実際にストレッチ等をしている方は今まで通りで構わないとおもいます。

しかし、何もやってないな~という方は痛めてからでは遅いので、是非今日からでも初めてみてください。
具体的には首回り、手首、肩、腰、股関節、膝、足首、、、ほとんど全てになりますが、色々な方を見てきて結構大切なことだと思っているので。

ポイントとして挙げた”3つのテーマ”をもう一度挙げておきます。

  • 柔軟性
  • 目の問題
  • 関節の問題

▼柔軟性

これは今回の最後に触れる関節の問題とも密接に関わっている部分になるので合わせてチェックしてみるとよいかもしれません。
では、公式LINEで挙げた個所を手軽に動かせるものはあるのか?
実はあるんです♪

それは、

クラッチゴルフ
クラッチゴルフ

逆素振りです!

なんだそんな簡単なことなのか?と思った方も多いでしょう。
しかし、そんな簡単なことでOKです。

もちろん、本格的に体を柔らかくしたい!という方はそれが最も良いことだと思いますが、今まで何もやってこなかった方が”手軽に”しかも”練習ついでに”出来るもので最も良い方法だと思います。

騙されたと思って、練習毎に10回ぐらいでいいので初めてみてください♪

▼目の問題

一言で目の問題と言ってもいくつかあって、

  • 近視⇒遠くのものが見えにくい
  • 遠視⇒遠くでも近くでも調節が必要になり疲れやすい
  • 老眼⇒近くのものが見えにくい

等が挙げられます。

今回は”老眼”問題を考えてみます。

そもそも老眼とは、

40歳ぐらいから始まるもので、目の水晶体の弾力が年齢と共に弱り近くのものが見えにくくなるというものです。

これにより、遠近感や立体感を動的に捉える「深視力」と、距離感や目標までの距離を把握しようとする「周辺視力」が衰え、主にパッティングに影響が出ると言われています。

この問題は誰しもが避けて通れないことなので、何か対策はないかな~と探ってみると、どうやら一つだけ”これ”じゃないか?というものが見つかりました!
それは、

クラッチゴルフ
クラッチゴルフ

サングラスです!

サングラスの効果として、

  • 太陽の光が直接目に入らない
  • 芝目が見えやすくなる
  • 遠くのものが見えやすくなる

こうやって見ると、メリットが多くなることが分かると思います!

使ったことないな~という方はお試しを♪

▼関節の問題

関節の問題は上記の”柔軟性”でも触れましたが密接に関わってくる問題です。
関節が固い方は”怪我をしやすい”と言われているので、やはり柔らかくすることが一番だと思います。

すでに痛みが出ているという方は、まずは「お医者さん」に行くことが先決だと思います。
そこで「それは加齢によるものです」と言われると後は自分で対処していくしかありません。

そんな方にオススメなのが”ストレッチを仕組化する”ことです。
オススメは朝、昼、夜(入浴後)だと思いますが、それが難しければ夜だけでもいいと思います。

ポイントは、

クラッチゴルフ
クラッチゴルフ

最初の1ヶ月です!

ここさえ乗り切れば後は”逆にやらない”とうずうずしてきます。

いつやるの?

クラッチゴルフ
クラッチゴルフ

今でしょ!

頑張ってください!

▼最後に

amebaブログから引っ越してきて”第一弾記事”となります。
記事も少なく寂しい部分もありますが、そこは少しずつ充実させていこうと思っているので、長い目で見て頂ければと思います。

次の更新は4/2(土)となります!

では!

コメント

  1. 藤原卓 より:

    体験を考えていますが、駐車場はありますか?