モチベーションを保つには?ゴルフの目線でみてみましょう!成果編

ゴルフ
  • 成果⇐今日のテーマ!
  • 新規
  • 場所

こんにちは、Clutch Golf Clubです。今回は「モチベーションを保つには?ゴルフの目線でみてみましょう!」です。上記の3つの観点から解説していきたいと思います。

まずは、何故一つではないのか?です。例えば、残念ながら結果が思ったようなものでなかったとしましょう。するとどうでしょうか?モチベーションを保つ保たないの話ではなくて、そのものを止めてしまうというところまで行きつく可能性があります。じゃあ、3つでは大丈夫なのか?という意見がありますが、それは大丈夫です!上記ポイントに3つ4つのテーマを加えていくので、結構なボリュームになってくると思います!では本題へ!

成果

eyecatch

「成果」モチベーションを保つための最も分かりやすい指標です。何かに取り組み、その努力の結果、”成果”が出ないとモチベーションも保てません。では具体的に”成果”の中身を見ていきましょう!

スコア

スコアという結果が出ると、シンプルにモチベーションアップに繋がってきます。更に一つ一つのホールに注目してみてもよいと思います。

例えば、〇番ホールのパー3でティーショットがピン手前50㎝に付けたとしましょう。その場面を想像するだけでもテンションが上がり、そこでバーディが取れたとしたら更に上がりますね!もう一つ例を挙げると、ティーショットでOBだったとして、特設ティーからの第4打目がピン横60㎝に付いたとすると、前のOBを帳消しに出来るぐらいテンションが上がりますよね!この例から分かることは、良いスコアだけではないということです。

スコアは合計スコアだけではなく、一つ一つのホールスコアもモチベーションを上げる要素を持っています。

スイング

スイングは何もしなくて上手くなることはないので、雑誌や本、テレビ番組、YouTube等の動画で勉強をするか、クラッチゴルフのようなレッスン場や打球場で習うかのどちらかでしょう。どちらを選ぶにしても時間は掛かってくると思います。その中で上達の過程を楽しめる仕掛けを自分の中に作ってあげると良いでしょう。100を切ったらクラブを一新するとか、95を切ったら距離測定器を買うとか決めて取り組めばモチベーションも保てると思います。

スイングに関しては難しい部分も出てきますが、焦らずじっくりと取り組むとモチベーションを下げずに出来ると思います!

HDCP(ハンディキャップ)

自分の実力が数値で表されるので、将来競技に出たいなぁと思っている方は考えても良いでしょう。ハンディキャプ(以下HC)を取得するには2つの方法があります。まず一つ目はゴルフ場の会員権を購入して所属することです。そしてスコアカードを5枚提出すればもらえます。もう一つは、JGAのハンディキャップを取得することです。詳しくは下記サイトご覧ください。

-ハンディキャップ取得方法 – - 日本ゴルフ協会 公式ハンディキャップサイト
ゴルフ場会員権が無くてもOK 2022年4月からは3ラウンド分のスコアを提出すれば、ハンディキャップが取得可能

まとめ

今回はモチベーションを保つには?「成果」編をお届けしました。何をするにしてもモチベーションを保つことが長く続ける秘訣だと思います。何か自分なりの方法があればそれで良いと思いますが、思い付かないなぁという方は、次回「新規」編もご覧いただければと思います。

では!

コメント